投稿する

制作したイラストや動画のアップロードや、それに対する返信等のコミュニケーションは投稿フォームから行います。

投稿フォームの使い方

本文を入力する

To(誰に宛てたものか指定する)や文字のスタイル(太字、色、文字サイズ、引用符など)の設定、定型文の呼び出しを行うことができます。

ファイルを添付する

ファイルを添付するときは、ファイルの内容に応じて制作物、Spine(追加機能オプション)、資料のいずれかのタブを選び、添付エリアにアップロードまたはドラッグ&ドロップします。

制作物と資料はファイルの種類を区別するために利用します。制作物にはイラストなど制作したもの、資料には指示書などに使うことを想定しています。Spineのデータは、このタブを選択してアップロードしないとプレビューすることができません。ご注意ください。

投稿後の添付ファイルの並び順

複数のファイルを投稿すると、次のルールで順序付が行われます。意図した通りに表示が行われないときは確認してください:

  • 1ファイルずつドラッグ&ドロップ
    ドラッグ&ドロップした順番通りに表示されます
  • 複数ファイルを選択してドラッグ&ドロップ
    Mac:ファイルを選択したときの順番通りに表示されます
    Windows:特定の任意の規則に従って表示されます
  • フォルダごと添付
    Mac:Finderの追加日順で表示されます
    Windows:Unicode順で表示されます

ステータスを選ぶ

内容を編集し投稿を行うときにステータスを選択します。現在のコミュニケーションの状況にあわせて設定してください。

投稿された内容の表示

例えば画像を添付して投稿すると次のように表示されます。下部のボタンから、この投稿に対し様々なアクションをすることができます。

  1. 投稿されたファイルをダウンロードできます。
  2. サムネビュー登録します。(オプション)
  3. Save Point外でファイルをダウンロードさせる際にリンクを生成します。(オプション)
  4. 投稿された画像を引用する際にリンクを生成します。
  5. 投稿された画像を引用するタグを生成します。
  6. TODO機能へ登録します。(オプション)
  7. 自分の投稿を削除できます。(権限が付与されているユーザーのみ)
  8. この投稿のURLをコピーできます。
  9. 投稿した内容を編集できます。
  10. 投稿に返信します。
  11. 自分の投稿を確認したメンバーの名前が表示されます。

スレッドビューで投稿する

複数の制作物や工程を一覧するスレッドビューでは、複数の工程に同時に投稿することもできます:

  1. ひとつの工程に投稿する
  2. 複数の工程に投稿する

ひとつの工程に投稿する

image141

各工程の右上の投稿ボタンを押すと投稿フォームが表示されます。

複数の工程に投稿する

投稿を行いたい工程の左上のチェックボックスにチェックしてください(”一括投稿ボタン” の左側のチェックボックスをチェックすると全工程が選択されます)。チェックされた状態で、ページ上部の “一括投稿ボタン” から、選択した工程に投稿を行います。

特定のメンバーをメンションする(TO機能)

投稿時に誰宛なのかを指定(メンション)することができます。メンションされた相手には通知が届きます。多くの人がコミュニケーションに参加しているとき、特定の誰かに内容を伝えたいときに役立つ機能です。

使い方

To ボタンを押して表示されたメンバーのリストから対象のメンバーを選択するとメッセージ欄に [To:] が追加されます。複数のメンバーを選択するときは、Shiftキーを押しながら選択してください。”全てのメンバー” ボタンを押すと、この工程に関係している全てのメンバーに通知が行われます。

画像/PDF/動画を引用投稿する

投稿時に、これまでに投稿された画像やPDF、動画を引用することができます。コメントする内容が何に紐づくものかを明示したいとき役立ちます。また、引用タグをコピーして、別の工程で引用することで再アップロードする手間を省くことができます。

PDFと動画の引用投稿は、ご利用方法によって、別の工程に引用するときにセキュリティ上の問題が発生する可能性があり、案件設定で有効にしない限り標準では利用することはできません。

PDFと動画の引用投稿のリスク

前提として、複数の工程があり、それぞれに別の制作会社がアサインされている状況で、このときそれぞれの制作会社は他方の工程の内容を見ることはできません。

この状況でPDFや動画にフィードバックを行い、そのPDFや動画を別の工程に引用すると、その工程にアサインされている別の制作会社もそのフィードバック内容を全て見ることができるようになります。

このような状況でも利用上問題がないようでしたら、これらの機能を有効にしてご利用ください。

PDFと動画の引用投稿を有効にする

画面左のメニューから案件情報を選択します。

案件設定にあるオプションから “PDFの引用投稿を有効にする” または “動画の引用投稿を有効にする” を有効にします。

引用機能の使い方

投稿された画像/PDF/動画の下部にある “引用” ボタン①を押すと、 投稿フォーム②に画像の引用タグの入力が自動的に行われます。

別の工程に引用したいときは、”引用タグをコピー” ボタンを押すとクリップボードにタグがコピーされます。