ToDo管理機能

※本機能については追加機能オプションでのご提供です。 ご検討の方はお問い合わせください。

ToDo管理機能とは

自分および同じチームのユーザーに対して、TODOを発行できます。
他者への仕事の依頼、自身の作業漏れ防止などを目的としています。

image161

■ 使い方

● 通知部画面上部右側に、TODOパネル表示ボタンがあります。
未完了のTODOの数は水色で、未確認のTODOは赤で表示されます。
TODOパネルを開くと、確認済みとなります。​

image162

● TODOパネル

クリックでTODOパネルが開きます。
TODOの内容と、TODOの依頼者が表示されています。
ここには下記の機能があります。

1. 自分のTODOと、依頼したTODOの切り替え
2. TODOの完了
3. TODOの並び替え
4. (オプション) 入力時に URL が指定されていればリンク

image163

● 入力画面
「+」ボタンをクリックすると入力画面が表示されます。

1. TODOの内容
2. URL(任意のオプション)
3. 担当者 (同じチームに所属しているユーザーが選択できます)

image164

● 完了

左端のチェックを入れると、TODOが完了となります。
完了したTODOは通常は表示されなくなります。

image165

● 通知メール

自分が依頼したTODOが更新・完了されたとき、メールが届きます。
※ 自分が自分に発行したTODOについては、メールはありません

image166

● 権限
TODOは、依頼者と担当者が同じ権限を持ちます。
どちらからも「​完了、削除、編集」が可能です。