サイズの大きいファイルのアップロードに失敗することがある

Windowsで、Google ChromeやMicrosoft Edgeを利用していて、ファイルのアップロード中に別のタブを開いていたり、別のアプリケーションを使っていたりするとアップロードに失敗することがあります。

問題の確認

アップロードに失敗したファイルを、Save Pointを画面に表示させたまま(タブを切り替えたり、別のアプリケーションを起動したりせずに)添付して投稿し、投稿が終わるまで画面を開いてままにしてください。正常にアップロードされるようでしたら以下の設定を確認してください。それでもアップロードされないようでしたら、別の原因の可能性がありますので、お問い合わせください。

メモリーセーバーを無効にする

メモリーセーバーを有効にして、別のタブを開いていると他のタブは無効化(スリープ状態)され、アップロードなど実行していた処理が中断される可能性があります。

メモリーセーバーは、Chromeの設定からパフォーマンスを選び、そこで無効に切り替えることができます。または、追加ボタンから、“常にアクティブにするサイト” に “savept.com” を加えてください。

詳しくはGoogle Chromeのヘルプをご覧ください

Edgeでも同様に、設定のシステムとパフォーマンスから、“スリープタブでリソースを保存する” で無効を切り替えるか、“これらのサイトをスリープ状態にしない” にURLを追加してください。詳しくはMicrosoft Edgeのヘルプをご覧ください。

別のウィンドウに隠れたときの動作を変更する

Windowsを利用していると、Save Pointの画面を開いていても、別のウィンドウや、また別のアプリケーションを開いてSave Pointの画面が見えなくなっていると、実行中の処理が中断されることがあります。

現在これを回避するための設定はありませんが、試験的機能の設定で無効にすることができます。あくまで試験的な設定であることをご理解の上で設定してください。

アドレスバーに “chrome://flags”(Edgeの場合 edge://flags)と入力します。

検索するか、または一覧から “Calculate window occlusion on Windows” を探します。そこで “Default” を “Disabled” に変更してください。変更後にChromeを再起動します(Edgeでも同様です)。

このオプションが見つからないときは、ブラウザを更新し、最新のバージョンにしてください。