ToDo管理通知の外部サービス連携機能(ChatWork,HipChat,Slack)

概要

TODO管理機能とのみ連携するサービス連携機能を追加いたしました。
メールやSavePointの通知アイコンをチェックせずにTODO追加、TODOアサイン、TODO完了を確かめることができます。
※ご利用にはTODO管理オプションを有効にしている必要があります。

スクリーンショット 2015-11-18 14.03.37

連携対象サービス

  • ChatWork
  • HipChat
  • Slack

ChatWork連携手順

  1. 発注元管理者アカウントでSavePointにアクセスし、 右上ドロップダウンメニュー -> サービス連携をクリック
  2. ChatWork行の歯車アイコンをクリック
  3. 連携設定から連携の状態、通知トリガーをそれぞれクリック
  4. API Tokenを設定
  5. API Tokenの取得方法はChatWorkの「認証方法-チャットワークAPIドキュメント」をご覧ください
  6. ルームIDを設定
  7. 通知先のチャット(グループチャットやマイチャットなど)を選択後、URL末尾の数字を確認してください。これがルームIDとなります。
  8. 保存ボタンをクリックして完了

ChatWorkメンション設定手順について

ChatWork連携時に、ChatWorkのユーザーへメンションを設定することができます。

  1. SavePointにアクセスし、 右上ドロップダウンメニュー -> ユーザー情報をクリック
  2. ユーザーページから編集ボタンをクリック
  3. 外部サービスID設定をクリック
  4. ChatWorkアカウントIDを設定

HipChat連携手順

HipChat APIv2のみ対応しておりますのでご注意ください。

  1. 発注元管理者アカウントでSavePointにアクセスし、 右上ドロップダウンメニュー -> サービス連携をクリック
  2. HipChat行の歯車アイコンをクリック
  3. 連携設定から連携の状態、通知トリガーをそれぞれクリック
  4. API Tokenを設定
  5. ルームIDを設定
  6. サーバーを設定
  7. 保存ボタンをクリックして完了

Slack連携手順

  1. SlackのIntegrationsに、Incoming Webhooksを追加
  2. 追加後の画面に表示されるWebhook URLをコピー
  3. 発注元管理者アカウントでSavePointにアクセスし、 右上ドロップダウンメニュー -> サービス連携をクリック
  4. Slack行の歯車アイコンをクリック
  5. 連携設定から連携の状態、通知トリガーをそれぞれクリック
  6. 先ほどコピーしておいたWebhook URLを設定
  7. 保存ボタンをクリックして完了