通知設定の外部サービス連携機能(Chatwork,Slack,Microsoft Teams)

概要

工程掲示板や案件掲示板に投稿があった際、お使いの外部サービスへ通知されます。

メールやSave Pointの通知アイコンをチェックせずに、自分宛ての投稿や、担当工程内での投稿を確認することができます。

※ご利用には各外部サービスとの連携を有効にしている必要があります。

連携対象サービス

  • Chatwork
  • Slack
  • Microsoft Teams

連携手順

1.Save Pointにアクセスし、 右上のメニューから 「通知設定」→「外部サービス設定」をクリック


2.連携したいサービスの歯車アイコンをクリック


3.連携の状態の「有効にする」のチェックボックスにチェックを入れ、各項目を入力し保存ボタンを押すと完了です。

【Chatwork】


【Slack】


【Microsoft Teams】

※Microsoft Teamsは、特定のIDにToをつける通知ができないため、入力できないようになっています。

※APItokenやwebhook URLなど入力に必要な項目の取得方法はページ下部を参照ください。

ChatworkのAPI Tokenの取得方法について

1.Chatworkの右上の自分のアイコンから、「サービス連携」をクリック


2.【API Token】のページへ遷移→パスワードを入力するとAPI Tokenが表示されます。


ChatworkのルームIDの取得方法について

Chatworkの、通知を送りたいルームに遷移しアドレスバーにある「#!ridxxxxxx」の、#!rid以下の数字のみをコピーします。


ChatworkのルームIDの取得方法について

Chatworkの右上にある、自分のアイコンをクリック→「環境設定」をクリック①→「Chatworkについて」のタブに遷移し②、「アカウントID」をコピーします。

Tips: Chatworkで通知バッジを表示させる

自分のIDでログインし、発給したAPI tokenを設定すると、自分に宛てたメッセージは仕様上、通知バッジが表示されません。

例えば、通知専用のアカウントを作成し、そのIDで発給したAPI tokenを設定し、Toは自分のアカウントIDで設定すると、キャプチャのように通知バッジを表示させることができ、見落とす可能性が低くなります。

SlackのWebhook取得方法について

1.SlackのIncoming Webhookへアクセスします。

2.Incoming Webhookがメッセージを投稿するチャンネルを選択し、「Incoming Webhook インテグレーションの追加」ボタンを押します。


3.ボタンを押下すると、webhook URLが表示されますのでこちらをコピーしてください。

SlackのメンバーIDの取得方法について

Slackの、右上にある自分のアイコンをクリック→【プロフィールを表示する】をクリック→【その他】をクリックすると、「メンバーIDをコピー」という項目が表示されますのでクリックしてコピーしてください。

Microsoft TeamsのWebhook取得方法について

1.Teamsで通知を送りたいチャネルの横にある「…」をクリック→「コネクタ」をクリックしてください。


2.連携したいチャネルのコネクタ画面が出現しますので、Incoming Webhookの「構成」ボタンをクリックしてください。


3.通知が来る際の名称を入力し「作成」ボタンを押してください。


4.同じ画面に、webhookのURLが出現しますので、コピーしてください。


5.最後に、「完了」ボタンを押して終了します。